インターネットで独立開業

インターネットで独立開業をめざす人に役立つサービスを提供するサイトです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ネットとオークションで稼ぐ 中国のコピー商品 13

コピー商品を作るのには大変慣れているようです。
ナイキのコピー商品のようなTシャツは1枚の製作費は日本円で40円程でした。生地の素材もよく、商品も満足いくものでした。実際に注文した数よりも多く送られてくることもあり、その工場では生地の原料を自家生産しているので見積もりの時に出された値段で実際より多く生産できたということでした。
ユニクロの商品のコピーを作るのも難しくはないようです。ユニクロがフリースを売って、話題を呼びましたが、原料はかなり安いようです。数百万円から一度きりの注文を受けてくれる工場もあります。商談は英語で行います。それから、ナイキ、POLO、TOMMYBOSS、アディダスといったブランドのコピー商品は、北京市の秀水市場でよく見かけます。


最も多いのはナイキです。ブランドのタグをつけ異常に安い商品が販売されています。本物と見分けがつかない作りです。この手の商品はメーカーの下請け工場からの「横流れ品」です。シューズをつくる素材はメーカー手配ですが、不良品率も考えて、多めに素材が工場へ手配されます。そこであまった素材で余分に作り、それが裏ルートで流通するのです。工場も素材もメーカー指定ですので、作りは正規品と同じです。このケースが多いのが中国です。中国からの横流れ品が香港に流れて、日本の並行輸入業者が安く仕入れているのです。

このパターンでよく問題になるのはアディダスの定番商品などです。
パソコン関連の電化製品も日本と比べて安価です。ワイヤレスのマウスなど日本で3千から四千円台で売られている商品が1千円以下で売られていたり、やたらと高性能のパソコンや高価なソフトのコピーも多く売られています。
パソコン関係の部品なども安く、秋葉原などで買うよりも安く、自作パソコンが普通になってきているので、部品の知識があれば、かなりの儲けをだせます。
CPU関連の商品(日本では2万円程度)を3千円ほどで購入してオークションで1万2千円ぐらいで売れます。中国のコンピュータ関連の技術などはすばらしく、台湾と並びすぐれた技術を持っています。

以前はアジアでは、日本が1番と言われていましたが、現在は、中国か台湾と言われています。海外のコンピュータ製品のコピーを製作する技術にも大変すぐれています。取り締まりも厳しくないようです。
スポンサーサイト
  1. 2006/07/25(火) 19:50:44|
  2. インターネット 独立開業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dokuritukaigyou.blog2.fc2.com/tb.php/44-c868d3dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。