インターネットで独立開業

インターネットで独立開業をめざす人に役立つサービスを提供するサイトです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ネットとオークションで稼ぐ 12 香港

香港

香港には「大南街という、銀座くらいの規模がある街に素材だけ 専門に扱うお店や、金具だけを扱うお店が、びっしりと軒を連ねていて、本当に一日では見切れない程の数があります。
その規模は本当にアジア最大と言ってもいい程です。来年の傾向をつかんだり、海外のデザイナーなどとも意見を交換し、情報収集を行うには最適な場所だといえます。 

また、時計に関して言えば“世界中のロレックスの半分は香港に集まっているんじゃないの?”と思ってしまうほど香港にはヨーロッパから物が集まってきます。
また、時計に関して言えば“世界中のロレックスの半分は香港に集まっているんじゃないの?”と思ってしまうほど香港にはヨーロッパから物が集まってきます。

ロレックス・デイトナなんかのレア物を探しているときは香港が最適です。何しろヨーロッパ中を探しまわっても見つからないレアアイテムが、香港へ行くと平気な顔をして店頭 に並んでたりします。
狭いエリアに集まった時計・宝飾店の数ときたら、間違いなく世界一ですが、この周辺を歩き回っているとショーケースの中のあまりのギラギラ具合(大ゲサ)と、一般人の常識では考えられないようなプライス・タグの金額のケタ違い具合に思わずビックリてしまいます。
香港島のセントラルは香港最大のビジネス街で銀行が集中しており、行政や経済の中心地です。
グッチ、シャネルディオールなど世界の高級ブランドが店を構え「世界のショーウインドー」と言われ、ブランドショップを集めた巨大ショッピングセンターであるザ・ランドマークがショッピングエリアとして有名です。また、同じ香港島にあるコーズウエイベイはセントラルと並ぶショッピングゾーン。

現地の人や日本の旅行者がもっとも多く集まる庶民的な街で渋谷のような雰囲気です。地場の百貨店や、U2のようなカジュアルブテイックなど香港ブランドを結集した香港屈指のショッピングゾーンのタイムズスクエアに加えて、そごう、三越などの日系百貨店があり、古い市街と新しいショッピングモールなどが一体化している。

若いデザイナーのショップが多く、新しい流行の発信源の地域ともなっている。一方、97年に一流ブランドのショッピングセンターのリーガーデンズがオープンして以来高級ブランドの愛好者も多く訪れています。
私のオススメとしてはジェントホテルのアーケードにあるヴィトンです。なぜかお客さんの数が異常に少ない。商品もいっぱいあって、なによりゆっくり買物できるのが魅力です。
店員さんの応対も良かったです。そして、香港と言えば年2回(冬と夏)のバーゲンです。香港のバーゲンは中途半端じゃありません日本でありがちな売れるものや、ブランド品は対象外なんてことはありません。
グッチやプラダ、フェラガモ、アルマーニ・・・など有名ブランドがびっくりするような安さになります。半額なんてことも珍しくありません。

この時期は世界中から観光客やバイヤーが訪れて、もの凄い賑わいです。
また、話が少しずれますが以前に香港の免税店でシャネルのショルダーバッグを購入したのですがよく調べてみると偽物でした。
韓国やオーストラリアの免税店で購入した人も免税店ということで安心して購入したけど偽物であったそうです。この事をお付き合いのある質屋さんに聞いたところ、免税店で購入した商品が偽物であるということは珍しくないようですので気をつけてください。
私が本格的にオークションでの商品の販売を始めた頃に香港にパソコンとデジタルカメラを持って行き、ブランド品などを買ってはすぐにオークションに出品して現金化していました。まだ、どこからも融資を受けることができない段階だったので、クレジットカードを使いました。

クレジットカードを使用すれば、支払いは後になるので手元にまとまったお金がなくても大丈夫です。また、配送に関しても、日本の配送業者が日本語で対応してくれるので安全です。
インターネットを行う環境も整っていますしみずほ銀行のエムタウン支店などに口座を持っていれば、世界の主要都市でお金の管理ができます。
日本の半額近い値段で売られている商品を直営店で購入して、すぐにオークションに出せるのですからインターネットは大変便利だと思いました。
スポンサーサイト
  1. 2006/07/26(水) 21:28:44|
  2. インターネット 独立開業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dokuritukaigyou.blog2.fc2.com/tb.php/32-76d63062
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。