インターネットで独立開業

インターネットで独立開業をめざす人に役立つサービスを提供するサイトです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ネットとオークションで稼ぐ 14

◆中国
中国はWTO加盟により世界貿易で先進国と同じ立場に立ちました た。
以前はアジアをリードしていたのは香港でしたが、現在では中国に変わりつつあります。香港のブランドショップも以前の日本人観光客ご用達から今では中国人が大切な顧客と変化しています。

中国の国内にあるブランドショップの売り上げも、関税が30%くらい係り、香港の値段と比較しても高いにもかかわらず売り上げがのびています。ブランドショップについては、あまり日本と価格は変わらない感じです。消費税分だけ得という感じです。
日本人のバイヤーなどはほとんどいません。商品については在庫 が豊富ですし、エルメスなどはバーキンの取り寄せに応じていたのは中国だけという時もありました。購入制限もないです。
北京のヴィトン(王府飯店という最高級ホテルの中にあります) は新作を中心に揃えています。比率はヴェルニ、ダミエモノグラムがほぼ同じくらいですので、モノグラムの品揃えが少ないのかと思いましたが、カタログを見て「ありますか?」というと奥か らたくさん出てきました。
アメリカと同様に、日本で品切れの人気商品プレミア商品が手に入ると思います。上海、大連あたりのショップがいいと思いす。
偽ブランド事情については、偽ブランド商品の製造は組織化、専門化、ハイテク化の傾向にあり、生産・販売過程が迅速化、地域も分散化しています。偽ブランド商品の小売価格は本物の商品価格と大差なく、詐欺性や危険性も高くなっています。中国はWTO加盟によりEU加盟諸国の知的財産権を守らなければならないので偽物の取り締まりを積極的に行っていますが、ロシアやトルコ、東南アジアなど各地に輸出されているのが実情です。
EU加盟諸国の有名ブランドは他の国に比べて高価ですが、それ以外の商品は驚くほどの安さです。
上海には外資系スーパーセンターがあります。商品の価格は驚くほどの安さです。物価が安いことは知っていましたが、日本の問屋さんで仕入れるより確実に安いと思います。特に、デパートなどで売られている中国製の健康食品などは目を引きました。また、人気の茶葉なども量が多くて安いです。ユニクロが繊維業界で成功したように、衣類関連の商品も価格が安く、また、衣類工場は日本の小さな会社相手でも衣類の生産に応じてくれる所も多いようです。原料費と人権費が安いだけに、自分が生産したい衣類のメーカの商品を持っていき、これと似た感じのものを作ってほしいとリクエストすれば作ってくれると思います。  
スポンサーサイト
  1. 2006/07/24(月) 21:27:46|
  2. インターネット 独立開業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dokuritukaigyou.blog2.fc2.com/tb.php/31-b73a00b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。