インターネットで独立開業

インターネットで独立開業をめざす人に役立つサービスを提供するサイトです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヤフーオークションで稼ぐ 17

アメリカ
日本のように、街を歩けばブランド品を持った人を見られるということはアメリカではありません。
世界中で最もブランド品を持ち歩いている人を見かけるのは日本だと思います。特にルイヴィトンは見かけない日はありません。
日本では、大人気のヴィトンですが、アメリカでは、あまり人気がないようです。ヨーロッパのほうが価格が安いのですが、限定品やプレミア品を購入する場合はアメリカのほうが良いと思います。

日本では売り切れてない商品でもアメリカのお店ならばカタログを見せて「これありませんか?」と言えば、奥から商品を出してきてくれます。
日本では最近は予約を受け付けて、抽選で販売をすることが多いようですが日本やヨーロッパなどで手にはいらない商品がアメリカでは手にいれることができるでしょう。
バイヤーや旅行者は安く買うことだけに目がいっているようですが、ヨーロッパほど安くはなくても、人気商品であればかなりの値段が付きます。
人気があまりないと言いましたが、出店数は100店舗近くにのぼります。最も大きいのはロサンゼルスのロデオ店がアメリカ最大だと思います。日本との価格さはあまりなく州税や皮製品に掛けられる、高い関税のせいでバイヤーは見向きもしないという感じがします。

ヨーロッパのような行列や購入制限もなく、ゆっくり購入できます。私は、限定品をたくさん買いましたが、嫌な顔もまったくされませんでした。ヨーロッパであれば、すぐに追い出されているでしょう。
限定商品なので、すぐに高値で落札されました。アメリカで購入しても採算がとれると思います。また、アメリカだけの限定商品(北米限定)もあります。ヨーロッパから原料を輸入してアメリカのデザイナーが製作しています。
皮革製ハンドバックとしてヨーロッパから輸入した場合のアメリカの関税が高いので、材料として輸入しているようです。フランス製は天然なめしに対して、アメリカは化学薬品でのなめしです。
使用していく間にアメ色に変わっていくのはフランス製で初めのいろが少し濃い目であまり時間が経過してもアメ色になりにくいものがアメリカ製のヌメ革です。アメリカが生んだヒット商品が「バケツ」です。。
日本の女性たちも「アメヴィトンのバケツが欲しい」と当時は並行輸入屋さんにリクエストがたくさん入ったそうです。ルイヴィトンが主催する国際ヨットレース「ルイヴィトンカップ」のアメリカ限定のバックを11万で購入して、日本でコレクターに27万円で売ることができました。
シャネルもアメリカ限定の商品を数多く販売しています。バックや小物だけではなく香水などのコスメ商品もアメリカ限定があります。
また免税店についてですが、アメリカの免税店にはルイヴィトンがない店が多いと思います。シャネルはアメリカでも人気が高いので数は多いのですが、ヴィトンは少ないようです。
また、ネット通販に関しては、ヨーロッパよりも信頼できます。 アメリカは訴訟の国といわれ、法律などの条項などに大変敏感 なようです。
ネットで注文した商品は確実に届きますし、海外の配送にもなれていますし、商品が足りなかった場合は後から送ってくれ、その時に係る送料は相手が持ってくれます。
ヨーロッパのヴィトンなどは返品になかなか応じませんが、アメリカではちゃんと返品に応じていただけます。また、日本で人気のある古着の仕入れ先もアメリカです。日本の人たちが大量に古着を買っています。アメリカでは価値のあまりないジーンズが日本では、大変な高値になるのですから。
アメリカ人からすれば不思議な光景だと思います。古着の知識があれば、アメリカで仕入れるのが1番いいと思います。ほとんどただ同然の物が結構な値段になるのですから。
また、アウトレットも数多く出店されています。ヨーロッパのブランドは少ないのですが、ナイキなどのアメリカブランドが安く 手にはいります。日本とはサイズの表記が違うので気をつけてください。
スポンサーサイト
  1. 2006/07/22(土) 21:22:13|
  2. インターネット 独立開業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dokuritukaigyou.blog2.fc2.com/tb.php/28-273a48a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。